ホストクラブのチップ

皆さんは、諸外国へツアー旅行などに行かれると、その先々でチップを渡すことがあるのではないでしょうか。

タクシーに乗る際、荷物を運んでくださった、運転手さんに、チップを手渡す際、いくら渡せばいいのかなどと、お財布を開けると、現金が十分に入っていなかったりしながら、焦ってしまうことはありませんか。カフェやレストランなどに行っても、ウェイターやウェイトレスなどに、チップを渡すことは必要不可欠であり、サービスを受ける際、の潤滑油としてチップは効果的に働いてくれるものです。

日本の文化としてチップ制度は根付いていませんが、 訪問先の諸外国に、チップ制度がある場合は、必ず支払った代金の数パーセント分のチップを手渡すクセをつけておきましょう。

ホテルなどの滞在した部屋に、チップを置き忘れるというような方々もいるようですが、 お礼の言葉とともにチップを部屋に残すことはチップの文化が根付く国々は、必要不可欠であり、大変重要な事柄なのです。日本の地で、チップを渡す光景が見られるのは、ホストクラブや高級クラブなどで、ホストやホステスなどに、手渡すチップなどが印象深いというような人が多いかもしれませんね。

ホストクラブや、高級クラブなどでは、お得意さまがヘルプや、担当のホストなどに100万、200万円などといった高額なチップを渡すこともあるようです。

実際に、諸外国で渡すチップは、サービス料として支払った金額の数パーセントでありますから、ほんの気持ちいう形としては本当に清々しいものなのかもしれません。

投稿者: admin