クロスメディアという冒険

「クロスメディアエキスパート認証試験 」という言葉をご存知でしょうか?これは、国内の印刷技術協会で、 DTPエキス パート認証試験に続く認証試験であり、印刷を専門とする会社において、クロ スメディア事業を担当する人材をエキスパ ートへと育てていくための認証試験と言われているようです。今まで、紙媒体で拡散されていた情報を、次世代ではクロスメディアへ、効率的かつ効果的に変換していくことがもとめられている時代と言えます。よって、この認証試験は、デジタルメディアの制作や、スキルのあるディレクターを目指す人たちが挑戦するものであり、年二回実施されているようです。受験者は、印刷会社勤務の方はもちろん、 webコンテンツの制作会社や企業の宣伝のために広報部の人達がほとんどでしょう。 試験は学科と論述の試験があり、 学科試験では、メ ディア概論や経営概論、 IT概論、クロスメディア概論、 ネットワ ークとデ ータベース、デジタルコンテンツなど幅広く、論述試験では、その日に配布された資料をも とに、クライアントの課題を挙げ、メディアを活用し た解決策を提案書として解答する問題などが出されているようです。現代では、自身のブログやツイッター、またネット小説などから自費出版を目指す人たちも少なくないでしょう。紙媒体からウェブ媒体へ、さらにまた紙媒体へと、出版業界は様々な人へ、その入り口を広くしていると言えるのではないでしょうか。また、近年、コンピュータの発展は目覚ましく、だれでも気軽にデザインなどを楽しむ時代へと突入していると言えるでしょう。これまでのパソコンに搭載されていたフォントでは表現しきれなかったものも、現代では自由に組み合わせることも可能になっているようです。こういった技術から、さらなるインスピレーションを受け、次々に新しいものが生まれていくのではないでしょうか。

自費出版のまとめサイト:本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめ

About Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です