看板メニューの特徴

飲食店には、看板メニューが必要です。看板メニューがあることでどんな店かも分かりやすくなりますし、人に勧めやすくもなるでしょう。では、どのようなものを看板メニューにすれば良いのでしょうか。

まず、コンセプトに沿っているということが重要です。自分がどのような店を作りたいのか、お客様にどのようなものを食べてもらいたいのか、どのような想いが込められているのかという部分です。これらはあくまで一貫していなければいけません。落ち着いた雰囲気の店を作りたいにも関わらず、安い看板メニューを売りにする店としてしまっては、看板メニューと店のコンセプトがばらばらになっている状態になってしまいます。一時的な流行りなどに乗って、安易に定めてしまわないようにしましょう。

次に、ターゲットのニーズがあるかどうかが大切です。高級志向の店を作ったとしても、学生が多いような立地であっては本当に使って欲しい人に届きません。自分の店が、どのような人に使われやすいのかという部分を意識する必要があるでしょう。併せて、市場優位性にも気を付けなくてはなりません。例えば学生が多いからと、安い看板メニューを定めた大衆居酒屋を始めたとします。確かにニーズが合っているのでお客様が来るはずですが、そのような場所であれば既に似たような店が存在している可能性が非常に高いと言えます。近くに大衆居酒屋が何軒もあるようでは、当然ながら売上を伸ばすことはできません。似たような店が多い場合でも、自分の店ならではの強みを持つことこそが「市場優位性」となります。競合店舗よりも何が優れているのかをしっかりとチェックして、お客様を獲得できるよう工夫していきましょう。

飲食店関連へのサポートのサイトこちらメニューブック情報局【MENU BOOK INFORMATION】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です