薬を管理する

家族に高齢者がいる場合、薬の管理というのは本人に任せるよりも、家族が行う方が断然安全であると言えるでしょう。高齢者の判断能力の低下というのは、認知能力の低下や身体的衰えなどから影響を受けうるものと考えられるでしょう。基本的な薬への知識不足や薬を多く服用することへの理解不足などによって、他の医療機関などとの重複服用などが生じる危険性があるのが、高齢者の管理ではないでしょうか。病院で服薬の説明などを一緒に受けたり、実際に服用の際に気をつけたり、回数や容量などの確認をするというのは重要な管理であると言えるでしょう。日本老年医学会のハンドブックによると、複数の薬を配合剤としてまとめ、薬剤数を少なくすることや、服用法の簡易化や、飲みやすい形に薬剤を変更するなどの工夫も考えられていることがわかるようです。また、アルバイトの医師など、不定期に通院する医師の処方の場合、薬剤師にしっかりと服用の用途や必要性などをダブルチェックしてもらうということも必要不可欠と言えるでしょう。入院して治療を行っていた人は、退院時、薬剤師との相談の上、医師に簡易化を提案してもらうことは、服薬について大切な働きかけと言えるでしょう。

もちろん、家族ではなく、自身にとっても同じことが言えるでしょう。旅行先などで服用しなければならない状況になった時、医師や薬剤師に自身の薬の管理についてアドバイスをもらうのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です