最近のECサイトの傾向

ECサイトは日々進化しており、昔のサイトに比べて機能が高まったと感じることも少なくありません。つまりECサイトを運営するにも販売を行うホームページを作成するにも、絶え間ない勉強が必要になるということです。最近もAIが採用され始めたことで、EC周辺の環境は大きく変化しています。

実はAIとECは相性の良い組み合わせだと言われており、既に多くのECで機能しています。例えば、ユーザーはECサイトを訪れた際、直前に閲覧していたサイト、閲覧されている商品の特徴、過去の購入履歴といった情報をAIに渡しています。AIはこれらの情報から適切なメッセージや広告を選択し、そのユーザーに送っているのです。その結果、ユーザーが購入したか否かも、AIは情報として収集します。こうしたやり取りが繰り返されると、より正確な分析をすることができるようになるわけです。

AIの仕事はそれだけではありません。例えばECサイトにアクセスしながらも、中々踏ん切りの付かないユーザーに対しては、購入意欲を高める情報を新たに送信します。ユーザーが迷っているかどうかの判断は、レビューの閲覧時間や商品の表示回数などを通して行っています。

こうしたAIの採用は最近のECの特徴ですが、進化しているのはそれだけではありません。例えば、実店舗とECの融合を試みている企業も出現し始めています。そもそも融合が企図された背景には、実店舗にしかない強みの存在があります。ネットで閲覧するだけでは実際の商品に触れることができませんし、スタッフの顔が見えません。そこで実店舗でイベントを開いたり、実店舗で使えるクーポンを配ったりすることで、ネット通販の弱点を補おうとする動きが加速しているのです。

投稿者: admin